「学び」

 

今年の11月七沢荘の中村さんからお声掛けいただき慶應義塾大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM)前野隆司教授の「幸せの法則」公開講座やその後の合宿研修にも参加させていただきました。

 

 

今の私に丁度ぴったりな「学び」になりました。

 

 

「知識」は実践して「智慧」となり

謙虚さが身について「知性」となる。

 

 

体験を通し身体に刻み込まれた「言葉」には力がある。

 

 

と言われていますが、そのようになっていけたらいいなと思っています。

 

 

今回の学びのお誘いをいただいた時、空を見上げたら何か鳳凰のようにも見える雲が次々と現れパレードの様に横へ移動していく不思議な光景を見て、これは是非参加しようと思いました。

 

参加でき「学ばせていただき」心から感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

「お客様との価値共創」

 

大学卒業後、ミズノさんの若手経営者セミナー(MES)で経営理念や経営計画など実学を学ばせていただきました。

 

学生時代、スポーツとコミュニケーションに明け暮れていたせいで経営用語や意味がわからず、通勤電車の中で読む本の字がだんだん大きくイラスト入りのわかりやすいものに遡って行った事を思い出します。

 

 

経営理念の作成からスタートでした。当初作った経営理念は、言葉遊びのようなものでしたが、、「何のために」という土台(軸)の大切さを学ばせていただきました。

 

 

セミナー終了後もそこで知り合ったスポーツ店の仲間とともにコンサルタントのもと勉強会を続けました。決算書まで見せ合い核心に迫る議論をしていたことを懐かしく思い出します。

 

 

学びながら当店の再建策を思案していましたが、直観として湧き上がってきた、スポーツも含めた色んな仲間のための「チームのお店」TEAMS構想を発表しました。

 

 

ただ現実は厳しく業態転換への阻止、攻防、葛藤、10数年かけながらの紆余曲折一歩一歩でした。

 

 

10年くらい前の通勤電車の中で読んでいた雑誌に載っていた文章「消費者と一緒に価値を創っていく、つまりコ・クリエーションが求められる時代になっています。」という箇所に惹かれました。

 

「価値共創」という文字を見て、私がやりたいのはこれだ!と心の底から沸きあがってくるものがありました。

 

 

 

「心が温かくなる もの・こと を」

 

 

「お客様との価値共創」

 

 

【こころを 笑がおに】TEAM & TEAMS

 

 

これからはもっとワクワクする活動を目指し少しでも

「心にポッと微笑みの灯がともり温かくなる」

そんなソーシャル・ソリューションの一端を担えれば嬉しいなあと思っています。

 

「心が温かくなる」マイライフスポーツをされている皆様の事例をHPでご紹介していきたいと今準備を進めております。